記念盃

記念盃はどんな時に使う?

記念盃は、個人の退職記念や会社の周年行事の際の記念品として利用されます。特に警察や消防関係者の退官記念などにはそれぞれのマークが、会社の場合はロゴマークを入れたりします。また、裏面にタイトルや日付、名前を入れると記念品としては重宝されます。

マークの彫刻仕上げについて

盃にマークを線彫りしただけではマークが目立たないので、磨き面と梨地(ホーニング)面で濃淡をつけます。また銀盃には金メッキ、逆に金盃には銀メッキを施すと、金銀のコントラストが高級感をぐっと引き立てます。

袋文字を入れることもできます

お客様によっては盃の内側に文字を彫る方もいらっしゃいます。

文字彫刻について

タイトルとURLをコピーしました